JACROW Official WebSite

#29「闇の将軍」シリーズ第3弾

中村ノブアキ

2020年10月22日(木)~11月8日(日)

@ サンモールスタジオ

2020年11月13日(金)~11月14日(土)

@りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 能楽堂

令和2年度(第75回)文化庁芸術祭参加公演
JACROW#29「闇の将軍」シリーズ第3弾
再々演・再演・新作・一挙3本立て
第1話『夕闇、山を越える』
第2話『宵闇、街に登る』
第3話『常闇、世を照らす』

「闇の将軍」シリーズは田中角栄を中心に描いた政争劇で過去2回上演した。
第1話『夕闇、山を越える』は昭和32年、最年少大臣に抜擢されるまで、第2話『宵闇、街に登る』は昭和47年、総理大臣に就任するまでを描いてきた。
そしていよいよシリーズ完結編となる第3話は、昭和60年前後、ロッキード事件で有罪判決を受けながらも「目白の闇将軍」として政界を裏で操っていた時代を描く。

「なぜ角栄なのか?」と問われれば、「現代日本を考える上で欠かせない人物であり、時代だから」と答える。つまり本シリーズは角栄をはじめとする昭和の政治家たちを通して「政治とは」「権力とは」「日本人とは」を問いかける作品たちなのである。

第3弾となる今回は、第1話(再々演)、第2話(再演)、第3話(新作)の一挙3本立てに挑戦する。続けて観れば6時間強、JACROW渾身の大河ドラマとなる。
またシリーズフィナーレは、氏の強力な地盤だった新潟、しかも能楽堂で迎えることになる。東京とはまったく違った作品になるであろう。どうぞご期待いただきたい。

最後に。
もちろん劇場および関係者には徹底した感染防止対策を行い、皆様をお迎えするつもりであるが、今は「ぜひとも観に来てください」と熱く語れないもどかしさがある。
それでも私たちは劇場公演にこだわって今回、上演を決断した。お客様にもいろいろお願いすることがあり心苦しく思うが、よろしければご納得いただいたうえで、劇場に足を運んでいただければ幸甚である。
きっとご覧いただいた方は「今、角さんが生きていたら、この状況をどうしていただろう」と思うことだろう。

スペシャル

劇場での観劇が叶わないお客様向けに3作品ともオンライン配信を行います。
下記ページにアクセスしていただき、チケット購入後、折り返し届くメールに従ってご視聴ください。
いずれの作品も初日を配信、2週間アーカイブとして残します。
どうぞご都合のつくタイミングでお楽しみください。

【チケット販売ページURL】
第1話『夕闇、山を越える』10月22日(木) 19:30 配信開始
第2話『宵闇、街に登る』10月23日(金) 19:30 配信開始
第3話『常闇、世を照らす』10月30日(金) 19:30 配信開始

キャスト

第1話『夕闇、山を越える』
狩野和馬
井口睦惠
青木友哉(MU)
内田健介
林竜三
木下祐子
佐藤貴也
土橋建太
小平伸一郎(JACROW)
江口逢(JACROW)
宮越麻里杏(JACROW)

第2話『宵闇、街に登る』
狩野和馬
小林あや
青木友哉(MU)
内田健介
土橋建太
芦原健介(JACROW)
谷仲恵輔(JACROW)
菅野貴夫
山森信太郎(髭亀鶴)
木下祐子
今里真
小平伸一郎(JACROW)

第3話『常闇、世を照らす』
狩野和馬
川田希
井口睦惠
小林あや
青木友哉(MU)
谷仲恵輔(JACROW)
山森信太郎(髭亀鶴)
岡本篤(劇団チョコレートケーキ)
菊池豪(Peachboys)
菅野貴夫
小平伸一郎(JACROW)
福田真夕(JACROW)
江口逢(JACROW)
内田健介
今里真

スタッフ

舞台美術:根来美咲
照明:阿部康子
照明操作:佐藤江未
音楽:飯田匡彦(STUDIO TRAM)
音響:岩野直人/大久保友紀
衣装:藤田友
衣装・小道具提供:吉水恭子(芝居屋風雷紡)
方言指導:根津茂尚(あひるなんちゃら)
舞台監督:吉川悦子/小林朝紀
演出助手:野月敦
宣伝美術:川本裕之
イラスト:中村實男
題字:宍倉志乃
記録:鈴木淳
制作協力:J-Stage Navi
企画・制作:JACROW
助成:芸術文化振興基金助成事業
協力:ウォーターブルー/大沢事務所/krei inc./ケイエムシネマ企画/現代/スターダス・21/スターダストプロモーション/チーズfilm/トム・プロジェクト/ファザーズコーポレーション/舞夢プロ/レトル

会場

サンモールスタジオ


○東京公演:サンモールスタジオ
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-19-10 サンモール第3マンションB1
03-5367-5622(劇場事務所:平日11時~18時)
03-3350-0335(劇場ロビー:公演期間中有効)

りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 能楽堂


○新潟公演りゅーとぴあNext Stage“NE/ST(ネスト)” 第8弾

主催:JACROW 公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
会場:りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 能楽堂
〒951‐8132 新潟市中央区一番堀通町3番地2
025‐224‐5614

■サポートシステムのご案内
(お申込み先/りゅーとぴあチケット専用ダイヤル 025-224-5521)
・託児室/公演日の2週間前までにお申し込みください。なお定員になり次第、締切らせて頂きます。(対象/生後6ヶ月以上〜小学校2年生まで  託児料/未就学児1人1,000円、小学1・2年生1人1,500円)
※公演日前1週間を過ぎてのキャンセルは託児料と同額のキャンセル料が発生します。
・難聴者赤外線補聴システム/あらかじめお申し込みください。
・車椅子席はりゅーとぴあチケット専用ダイヤルまでお問い合わせください。

公演スケジュール

○東京公演
10月
22日(木) 19:30(夕闇)
23日(金) 19:30(宵闇)
24日(土) 14:00(宵闇P)/19:30(夕闇)
25日(日) 14:00(夕闇P)/19:30(宵闇)
26日(月) 19:30(宵闇)
27日(火)~29日(木) 休演日
30日(金) 19:30(常闇)
31日(土) 14:00(常闇P)/19:30(常闇)
11月
1日(日) 14:00(常闇)/19:30(常闇)
2日(月) 19:30(常闇)
3日(火) 14:00(常闇P)/19:30(常闇)
4日(水) 19:30(常闇)
5日(木)~6日(金) 休演日
7日(土) 13:00(ぶっ通し)
8日(日) 13:00(ぶっ通し)

※24土、25日、31土、3火祝、それぞれ14:00の回は終演後、10分ほどの換気休憩を挟み、JACROWメンバーによるポストトーク
※ぶっ通しは、3作品連続上演で途中お客様の入れ替えはありません。セットチェンジの間は劇場内換気を行う関係上、お客様には一旦外でお待ちいただきます。(各回休憩1時間/終了予定21:00頃)

○新潟公演
11月
13日(金) 12:00(夕闇)/15:30(宵闇)/19:00(常闇)
14日(土) 12:00(夕闇)/15:30(宵闇)/19:00(常闇)

チケット

今回、観劇による感染拡大防止の観点からチケット購入時に連絡先をご記入いただくことを必須といたしました。ご理解くださいますようよろしくお願いいたします。またおおよその上演時間が決まりましたので、お知らせします。日時選択のご参考になさってください。

第1話『夕闇、山を越える』 1時間50分
第2話『宵闇、街に登る』 1時間55分
第3話『常闇、世を照らす』 2時間15分

一般  3,800円
四十割 3,500円(40歳以上対象/要証明書/要予約)
U25割 3,000円(25歳以下対象/要証明書/要予約)
セット券 10,000円(3作品を各1回/別日可/要予約)
 ※りゅーとぴあでの販売は11月12日(火)まで
ぶっ通し券 9500円(東京公演7土、8日のみ対象/要予約)

【注意事項】
開場は開演の30分前、受付開始は開演の45分前です。
未就学児童のご入場はご遠慮いただいております。
発熱や咳・咽頭痛などの症状がある方、体調に不安がある方は、ご来場をお控えください。マスク着用や咳エチケット等の感染症対策、またご来場時、受付にて検温を実施いたします。万が一の場合、お客様のご連絡先を保健所等の公的機関に提供する場合があります。併せてご理解、ご協力くださいますようお願いいたします。
状況によってはやむをえず変更または中止となる場合がございます。
本公演に関する感染症対策・お客様へのお願い事項についてはこちらをご参照ください。

J-Stage Navi
03-5912-0840(平日11:00~18:00)

◆CoRichチケット(当日精算のみ)
 東京公演はこちら
 新潟公演はこちら
※セット券のお申し込みは、3作品それぞれ、ご希望の回を3回繰り返し、「セット券」でお申し込みください。初回来場時、受付にて10000円と引き換えに3作品すべてのチケットをお渡しいたします。

◆りゅーとぴあ(新潟公演のみ)
りゅーとぴあオンライン・チケット
※新型コロナウイルス感染症拡大のリスクを低減する観点から、10/31までインターネット販売に限定させていただきます。ただし当日券は、窓口販売のみとなります。(インターネット販売は公演前日まで)
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル 025-224-5521(11:00~19:00/休館日を除く)

お問い合わせ

J-Stage Navi 03-5912-0840(平日11:00~18:00)


PAGE
UP